お知らせ

2/29「ISO14001自己適合宣言」「環境モデル都市」記念シンポジウム

飯田市が「ISO14001 自己適合宣言」を行った日が2003 年1 月23 日。
環境モデル都市に認定されたのが6年後の2009 年1 月23 日です。
これを記念しまして、「環境にやさしい賑わいのあるまちづくり」をテーマに、
国内外における先進事例を通じて、賑わいのある魅力的なまちづくりと交通政策について
考えるために、シンポジウムを開催します。

環境にやさしい賑わいのあるまちづくり 〜山・里・街をつなぐモビリティー〜


【プログラム】
 ◇基調講演
  演題 「環境・賑わい・観光の視点からみた交通まちづくり」
  講師 中川 大 氏(京都大学大学院工学研究科教授)
 ◇基調講演
  演題 「トラムで賑わうフランスのまちづくり」
  講師 ヴァンソン藤井由実 氏(ビジネスコンサルタント(日仏異文化経営マネジメント))
 ◇パネルディスカッション
  《 コーディネーター 》 中川 大 氏
  《 パネリスト 》 ヴァンソン藤井由実 氏 牧野 光朗 (飯田市長)

日時 平成24 年2月29 日(水) 午後5時30 分〜7時

場 所 飯田市役所本庁舎3階 301〜303 号会議室

参加を希望される方ならどなたでも無料でご参加いただけます。

【主催】 飯田市(水道環境部地球温暖化対策課)
【後援】 南信州広域連合、下伊那郡町村会


◆詳細プログラム
   開 会 17:30
   主催者あいさつ
   講師紹介
   基調講演 17:35〜
   基調講演 18:05〜
   パネルディスカッション 18:25〜
   閉 会 19:00
◆講師[プロフィール]
 ●中川 大 氏
  1981 年 京都大学大学院工学研究科 交通土木工学専攻 修士課程修了。
  同年、建設省入省。国土庁地方振興局係長、東京工業大学助手等を経て、1988 年より京都
  大学工学部助手。同講師、助教授、オックスフォード大アカデミックビジター等を経て、
  2007 年から都市社会工学専攻、都市地域計画分野の教授。
  2009 年から工学研究科 低炭素都市圏政策ユニット 政策支援センター長兼務。
  国交省近畿運輸局近畿地方交通審議会委員。
  全国知事会 地方自治先進政策センター専門委員。
  富山港線LRT化整備効果検討委員会委員長等。
 ●ヴァンソン藤井由実 氏
  大阪外国語大学(現在大阪大学)フランス語科在学中に、ロータリークラブ奨学生として
  渡仏、フランス文部省の「外国人へのフランス語教諭資格」を取得。
  1980 年代より、パリを中心に欧州各地に居住し、通訳として活動。
  2003 年からフランス政府労働局公認の、社員教育の講師として、欧州各都市の民間企業や
  公的機関で「日仏マネジメント研修」を企画。
  ストラスブール市では10 年間住み、日本からの視察団の調査に数多く立会い、フランスの
  トラム行政に詳しい。またトラムを利用する一市民の視線から執筆した「ストラスブール
  のまちづくり・トラムでにぎわう地方都市」が、2011 年9 月に出版(学芸出版社)される。
  翻訳監修書に、「ほんとうのフランスがわかる本」(原書房、2011 年2 月刊)。

◇お問い合わせ◇
 飯田市水道環境部地球温暖化対策課
 TEL 0265-22-4511 内線5245 FAX 0265-22-4673

この記事のトラックバックURL
トラックバック