お知らせ

廃油ゼロのまちづくり講演会が行われました。

 去る9月18日(金)、飯田市の鼎(かなえ)公民館で、廃油ゼロのまちづくり講演会を行いました。

 家庭やお店から出る天ぷら油や自動車のエンジンオイルの廃油も立派な資源。こうした廃油を新技術を使って何度でも使い(リユース)廃棄物を減らす(リデュース)とともに、地球環境にも負荷を与えないまちづくりについて学んだ研修会でした。
 
 化学薬品を使わずに、油ならどのような油であれ、その汚れを除去できる高性能フィルタにより、天ぷら油やエンジンオイルを再生する技術を開発した「住本科学研究所」代表取締役会長の住本守央さんを講師としてお招きし、“飯田からは廃油を一滴も出さない!”そんな『廃油ゼロのまちづくり』を参加者の皆さんで考えました。

 当日は60名を超す皆さんで会場は満席。なるべく捨てずに有効利用したい事業者の皆さんを中心に、熱心に住本先生の講義を聞き入りました。

熱心な参加の皆さん講師の住本先生

主催:グリーンクラブい〜だ・飯田地球温暖化対策地域協議会

この記事のトラックバックURL
トラックバック